ブログ移転のお知らせ (よりパワーアップし、リニューアルします♪) 


この度、「キラキラ★ガールズバー訪問♪ GirlsBarWalkerスタッフのガールズバー訪問記」は、

よりパワーアップし、ガールズバーの魅力を皆様にお届けするために

ガルズバちゃんとして、
移転およびリニューアルいたしました!

新ブログ 「ガルズバちゃん」
https://www.gb-walker.jp/column/



これまでの、訪問記に加え、
ガールズバーでバイトしたい女性向けの「求人コラム」や
おもしろコンテンツを続々公開していく予定ですので、
新ブログ「ガルズバちゃん」をよろしくお願いいたします♪





[ 2019/03/07 13:54 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

ふくろう|西池袋★ガールズバー最前線! 

こちらの記事は下記URLに移転しました。
新サイト「ガルズバちゃん」
https://www.gb-walker.jp/column/archives/766



fukurou02SP-top.jpg


ガールズバーは働く男のオアシス。女の子とワイワイおしゃべりしながら美味しいお酒でのどを潤せば、日々の仕事で溜まった疲れやストレスも一気に吹き飛ぶというものだ。それだけに日本全国津々浦々、あちこちの飲み処で新店ラッシュが続いている。

そこでガールズバー好きの読者諸兄に、当サイト『ガールズバーウォーカー』の特派員(自称)として、各地を飲み歩く筆者がハマったオススメの新店をどんどんご紹介していきたいと思う。

第1回となる今回は、2018年10月にオープンした『ふくろう』だ。



モデル系美女がお出迎え!歓楽街の喧騒を離れた一画にテンション急上昇必至の飲み処!

去る2018年12月某日。友人の「忘年会やろうぜ!」のひと言で東京は池袋に集まった、筆者と飲兵衛仲間たち。以前、美人の女店長が切り盛りする『リゾート』の紹介記事でも書いたが、池袋はガールズバー激戦区。スタンダードからコンセプト系までよりどりみどりとあって、どこにしようか吟味しながら練り歩いていたときに発見したのが、前述の『ふくろう』である。

池袋駅西口から徒歩5分。バーやスナックの入ったテナントビルが林立する一画にある「徳永第5ビル」の5階。
夜の店でにぎわう「平和通り」や飲食店が密集する「ロサ会館」の周辺といった、同エリアの歓楽街のメインストリートを離れた“大人の隠れ家”的なスポットだ。
尚、やや入り組んだ場所にあるので、初めて訪れる際は少し迷ってしまうかもしれない。アクセスはコチラで詳しく紹介しているので、ご参考いただきたい。

さて、店の扉を開けると……。

「いらっしゃいませー」

か、かわいい!

Ph06.jpg
“かりな”ちゃんはモデル系美女!

彼女の名前は“かりな”ちゃん。「アットホームな雰囲気に惹かれて入店しました」という、ルックスもスタイルもハイレベルなモデル系美少女だ。

“在籍キャストのレベルの高さ”は、ガールズバーファンにとっての最重要ポイント。心の中でガッツポーズを決めたくなる美女のお出迎えに、あっという間にテンション急上昇、自然と顔がニヤけまくりだったのは言うまでもない。


60分3,000円のお手頃価格でキュートな女の子とお酒を飲める!コスプレイベントも定期開催!

店内はシックでラグジュアリーながらも落ち着いた雰囲気。カウンターだけでなくソファスペースがあるのもうれしい。広々とした席でゆったり飲みたいときに重宝するだろう。

しかも料金は60分3,000円で飲み放題。安いギャラでせこせこ働くしがないフリーライターにとっては、懐具合を気にせず杯を重ねられるリーズナブルな価格設定もまた「通いたくなるガールズバー」の必須条件なのだ。

そして極めつけが、本日、筆者と一緒に乾杯をしてくれた“かりな”ちゃん。かわいくて明るくて話しやすくて……という、文句のつけようがないお相手。そりゃあキンキンに冷えた生ビールもより美味さを増すってものである。

Ph01.jpg
Ph02.jpg
財布に優しいお手頃価格も魅力的!

ちなみに“かりな”ちゃんによれば「在籍キャストは20代前半が多いですね。学生とかフリーターとか、いろいろな女の子がいますけど、みんなかわいいですよ」とのこと。いつもは私服なのだが、定期的にコスプレイベントを開催しており「“彼シャツ”とかOLの制服を着たこともありますよ」と教えてくれた。

“かりな”ちゃんみたいなかわいい女の子ばかりで、男の憧れ的コスチュームまで着てくれる……。そんなの、通うに決まってるでしょ!

Ph03.jpg
Ph04.jpg
ダーツやカラオケが無料で楽しめるのも魅力!


会話ネタにも困らない充実の店舗ブログ!今だけ限定のお得すぎる割引サービス有!

ここでもう1つ、『ふくろう』のお気に入りポイントを追加したい。それは店舗ホームページに掲載されている女の子ブログの充実ぶり。ほとんど毎日更新されているうえに内容が濃い。

で、その中に店長のエントリーもあるのだが、これがまた面白い!

スタッフ側が発信する情報といえば出勤情報やイベントの告知が相場。しかし『ふくろう』の店長は、それらに加えて、なぜか“心理テスト”といった小ネタを用意してくれている。女の子と距離を縮める会話ネタにも使えるのでありがたい限りである。

そんな店長のことが気になったので、せっかくだから話を聞いてみた。
するとさっそく「ゲリライベントもいろいろ考えてます」とうれしい情報が。さらに本サイト読者のためにお得すぎる特典を用意してくれた。見逃し厳禁なので、以下にまとめることにする。

・「店長ブログを見た!」と伝えれば『40分1,500円』『90分4,000円』でご案内!
※17時から20時に来店の方限定


・3名様以上でのご来店で1名無料!

サクッと一杯ひっかけたい方も、まったり1人飲みを楽しみたい方も、みんなでワイワイ騒ぎたい方も、気軽に利用できる大盤振る舞いだ。

女の子よし、居心地よし、サービス精神よし!
2019年、ガールズバー激戦区の池袋にまたひとつ名店が誕生した。

(取材・文:三好キスケ)

Ph05.jpg
何度も会いたくなるキュートな笑顔!

【 ふくろう 】
ジャンル / ガールズバー
お問い合わせ / 03-6914-2787
住所 / 東京都豊島区池袋2-4-6 徳永第5ビル 5階A室
交通手段 / 各線池袋駅より徒歩5分・副都心線C6出口から徒歩1分
営業時間 / 17時~翌5時
定休日 / ほぼ年中無休
公式サイト / http://www.girlsbar-fukurou.com
Twitter / https://twitter.com/fukurou_bar
Instagram / https://www.instagram.com/hukurou813/
割引クーポン / PCから / スマホから

ガールズバーウォーカー
ガールズバーウォーカー
ガールズバーのお店情報とバイト情報

-

[ 2019/01/24 15:21 ] 池袋 | TB(0) | CM(0)

Canan(カナン)浜松町店|浜松町★ガールズバー最前線! 

こちらの記事は下記URLに移転しました。
新サイト「ガルズバちゃん」
https://www.gb-walker.jp/column/archives/751





SP-top_201812261526256e7.jpg

「最近バニーガールのガールズバーにハマってるんだよね」

そう切り出したのは筆者の飲み仲間A君(30代後半・独身)。いつものように激安居酒屋でエロトークに花を咲かせていたときのことであった。

営業職の立場をフル活用して、出先から直帰できるスケジュールを組んでは、ほうぼうのガールズバーに繰り出すというとんでもない不良社員ではあるが、その恩恵にあずかって“いい店”を教えてもらっている身としては羨ましさしかないのである。

閑話休題。その彼によれば「今、ちょっとしたバニーブームがキテる」のだとか。
都内近県だけでも、全国で12店舗を展開する『LOFT101 STREET CLUB』を始め、『Da Vinci』(歌舞伎町)、『EBISU』(池袋)、『THE BAR 並木』(新橋)、『THE BUNNY』(横浜)など、バニーガールをコンセプトにしたガールズバーが盛りだくさんだという。

「このまえ行った店なんか、すげーキレイなコばかりでさあ……」

そこまで煽られて我慢できるわけがない。というわけで半分残っていたホッピーを一気に飲み干し、一路、向かった先は浜松町。ビジネス街のど真ん中にある『カナン浜松町店』に連れて行ってくれた。


photo00.jpg
JR浜松町駅から徒歩2分というアクセスのよさ。


目で見て楽しめるバニーガール衣装!こだわりの内装で尻フェチも大満足!

扉を開けると「いらっしゃいませー」の声とともに、我が目に飛び込んできたバニー、バニー、バニー!
席に着く前からテンション上昇。“谷間とハイレグがこんにちは”のセクシーコスチュームに、鼻の下はどんどん伸びる。ああ、バニーガールを考えた人は偉大なり。

そしてA君に感謝! マジでレベルの高い女の子ばかりじゃないか!
ビジネス街のど真ん中という土地柄に合わせてなのか“大人かわいい”タイプが集まっている印象。ボディラインがくっきりハッキリのタイトな衣装だけあって、もちろん皆さんスタイル抜群だ。ああ、バニーガールを考えた人は偉大なり(2回目)。

とはいえガン見し続ける勇気もないので、しれっと平静を装って乾杯ドリンクをオーダーする。ただのエロ親父じゃないとアピールするために、それとなく店内を見回してみる。

と、そこで気づいた点が2つ。

バニーガールといえば洋風の店内をイメージすると思うが、同店はどちらかといえば和風テイスト。壁一面に桜が描かれた内装は妙に心を落ち着かせる。つまり居心地がいいのだ。

2つ目はカウンター内に設置された鏡。ちょうど、対面している女の子の下半身が映るポジションに設置されているではないか。ということは、女の子とおしゃべりしつつ、お尻もバッチリ眺めることができる! いやもうね、ただのエロ親父でいいです。だってガン見OKのレイアウトになっているのだから。

photo001_20181226154649601.jpg
バニーと桜がコラボする乙な空間。

photo02_201812261526164e2.jpg
鏡越しの鑑賞でお尻フェチも大満足!


かわいくてセクシー!バニーガールのコスプレをしたい女の子が増えている!?

一緒に乾杯してくれたのはRYOちゃん。キュートでセクシーでフェロモンむんむんの美人を前に浮かれすぎたのか、つい「普段からコスプレするの?」というつまらない質問をしてしまった筆者。すると「今までハロウィンも参加したことがなくて。だからバニーが初コスプレなんですよ」という答えが。

「1回は着てみたいって思ってたんです(笑)。かわいいなーって。でも最初は『こういう格好、大丈夫かな?』っていう不安があったんですけど、着てみたらフィット感もあるし、当たり前ですけどほかの女の子もみんなバニーだから恥ずかしさもないし……これ全然イケるやん、みたいな(笑)」

ほほう。RYOちゃんにとってのバニー衣装は“かわいい”なのか。もしかしたらセクシーウサギになりたい女の子が増えているのだろうか。それがA君の言う「バニーブーム」の理由のひとつかもしれない。

[ バニーガールのお店取材一覧 ]
今夜も乾杯<正統派の男の遊び場BAR!!>
ふたりぶらり<ゆい×バニーガール>
ガールズバー訪問記
特集<年末年始を遊びきる!!2015&ニューイヤーに行っておきたい>
ふたりぶらり<かすみ×憧れ>
ガールズバー訪問記
ふたりぶらり<あめり×祭り>
GBWスペシャル<激暑な夏をさらにアツくしてくれるお店特集>


photo03_201812261526170ae.jpg
バニー衣装が超似合うRYOちゃん!

そんな、ちょっと真面目なことを考えつつ、ふとRYOちゃんの“ウサ耳”に目を向けると、片方がおじぎしている。でも両耳がピンと立っているコ、アーチを描いているコもいる。女の子によって微妙に違うのだ。

「衣装の着方はみんなこだわりがあると思いますよ。私はバニーちゃんぽく見せたいんで、片方を寝かせて“ぴょんっ”みたいな感じ(笑)。あとヒールは高め。そのほうがスタイルがよく見えるし、お客様にもよろこんでもらえるんじゃないかなって」

実はずっとRYOちゃんの美脚(と鏡越しの美尻)に目が釘付けだった筆者。しかも「ときどき『ちょっと出しすぎてないかな』って思うときもある(笑)」という続けざまの大胆告白を聞き、彼女のスレンダーボディを舐め回すように拝んでしまったのは内緒の話だ。きっとバレバレだったと思うけど。

photo04_201812261526191c2.jpg
片耳は寝かせるのがRYOちゃん流。


お手頃価格で味わえる非日常の魅力!男心をくすぐる魅惑の飲み処!

さて、気が付けば入店から2時間が経過。RYOちゃんを含めて計4人のバニーちゃんと楽しいお酒を酌み交わしたところで、そろそろお開きということに。ここで『カナン浜松町店』がガールズバーだったことを再認識する。そう、料金がリーズナブルなのだ。

ここでもう1度、ガールズバーにおけるバニーブームについて考える。

もともと盛り場とバニーガールは切っても切れない関係。発祥の地はアメリカだが、日本でも1960年代にはナイトクラブをセクシーなウサギちゃんたちが盛り上げていた古い歴史がある。その流れを現在の代表的な飲み処であるガールズバーが汲んでいても、なんら不思議はないし、財布に無理なく飲めるのであればブームになって当然といえる。日常生活の中でバニーガールに会える機会なんて、そうそうあるもんじゃないのだから。

とりわけ今回訪れた『カナン浜松町店』は、ハイレベルな女の子ばかりで、“カウンター内の鏡”に代表されるように、男の欲望に応えてくれる要素もてんこ盛り。まだ未経験という皆さまは、ぜひ一度、セクシーウサギのおもてなしを味わってみてはいかがだろう。

ちなみに飲みに行った際は、恥ずかしがったり格好付けたりするなかれ。堂々とバニー好きを公言すれば、こぼれ落ちそうなおっぱいも、プリプリの桃尻も、存分に満喫できるはず。

(取材・文:三好キスケ)

photo05_20181226152620fe8.jpg
網タイツもバニーに必須のアイテム。

photo06_20181226152622380.jpg
衣装はオーダーメイドのこだわりよう。

photo07_2018122615262398c.jpg
お手頃価格もガールズバーなればこそ!


【 Canan(カナン)浜松町店 】
ジャンル / バニーガールズバー
お問い合わせ / 03-5843-7700
住所 / 東京都港区芝大門2-4-1 大門マイアミビル7階
交通手段 / 都営地下鉄「大門駅」A6出口徒歩1分、A3出口徒歩1分
JR浜松町駅北口 徒歩2分
営業時間 / 19時~5時
定休日 / 日曜・祝日のみ
公式サイト / http://www.canan-girls.com/
Instagram / https://www.instagram.com/girlsbar_canan/
割引クーポン / PCから / スマホから


ガールズバーウォーカー
ガールズバーウォーカー
ガールズバーのお店情報とバイト情報

-
[ 2018/12/26 15:23 ] 銀座/新橋/浜松町 | TB(0) | CM(0)

リゾート -RESORT-|池袋西口★ガールズバー最前線! 

こちらの記事は下記URLに移転しました。
新サイト「ガルズバちゃん」
https://www.gb-walker.jp/column/archives/731




SP-top.jpg

居酒屋で一人酒は寂しいし、かといってキャバクラは敷居が高すぎる。そんな男たちにとって、ガールズバーはまさにオアシス。財布に優しいお手頃価格で女の子とおしゃべりしながらお酒を楽しめるとあって、今や繁華街に欠かせない飲み処である。
中でも東京・池袋の充実ぶりは全国でもトップクラス。コスプレ系からセクシー系、コンセプトに特化した“変わり種系”まで数もジャンルも多種多彩。毎週1店舗ずつ通っても1年やそこらじゃコンプリートできないほどのガールズバーが軒を並べているのだ。
そんなガールズバー激戦区にあって、リピーター続出と評判の『リゾート』。この冬には二号店のオープンが決まるほどの人気ぶり、しかも店長は女性なのだとか。これは気になる! というわけで、さっそく突撃取材を敢行してみた!


リゾート風の店内は居心地抜群!
噂の美人店長は入店2カ月で大役を任された!


池袋駅から徒歩3分、店内に入るとキュートな女の子がお出迎え。「お店のキャストさんかな?」と思ったら、なんと彼女が店長の“りん”さん! 池袋の人気店を切り盛りしているくらいだから、いかにもベテランといった熟……お姉さまを想像していただけに「こんなに若くてかわいいコが!?」と内心驚いてしまった。

photo01_20181220183536fec.jpg
とってもキュートな店長の“りん”さん。


アジアンテイストのラタンチェアや木製のカウンターテーブルなど、まさに南国のリゾート地を思わせるインテリアで彩られた店内は、実にオシャレでスタイリッシュ。女の子と一緒にお酒を飲める店といえば“ゴテゴテと派手な装飾を施して照明も薄暗い”というイメージを持っていると、『リゾート』の明るくてゆったりした空間に驚くだろう。筆者が席に着いてすぐにリラックスできたのも、この内装が理由の1つなのかもしれない。「自分の家みたいな感覚で過ごしてくれるお客様もいますよ(笑)」という“りん”さんの話も納得の居心地のよさである。

photo02_20181220183537003.jpg
店内はまるで高級リゾート地


「もともとはキャストとして入店したんです」と話す“りん”さん。店長になったきっかけは、前任者の代理を務めたことだったとか。

「入店して1カ月くらい経った頃から、ちょっとずつお店の運営に携わるようになってたんですけど、あるとき前任の方が休暇を取ることになって。最初はその期間だけの代理だったんですよ。それが“店長やりますか?”に変わって“じゃあやってみます”みたいな流れで、いきなり店長になっちゃいましたね(笑)」

このときまだ入店2カ月目。会社員で例えれば研修中に管理職に就いたようなものだ。しかも業務内容はガラリと変わる。いくら大抜擢とはいえ、突然任された大役にとまどいはなかったのだろうか?

「やっぱり最初は苦労しましたよ。ドリンクやフード全般の手配、シフトの作成と管理、ホームページの更新、女の子の面接……店長になって初めて経験した業務はいっぱいありました。
それにみんなとの距離感の取り方がわからなくて。お客様とだけでなく、キャストともどう接すればいいのかなって。立場が急に同僚から上司と部下になっちゃった感じで……」

お客様を笑顔に!モットーはみんなが楽しめるお店づくり

店長に就任した当初はキャスト全員と面談するなど、働きやすい環境づくりに務める日々だったとか。その理由は「みんなが楽しめるお店づくり」を自身のモットーとしているから。

「なんでも相談できたり教えあうことができる環境がベストなんだろうなと思ってがんばってます。キャスト同士の仲が悪いと、その雰囲気がお客様にも自然と伝わって楽しめないですからね。やっぱりお客様には笑顔で家に帰っていただきたいですから。私もキャストだったときは、自分が一番楽しむことを心がけてましたよ(笑)」

また“働きやすい環境”にするために始めたことがもう1つあるという。

「初めてガールズバーで働く女の子も多いんですが、未経験だと灰皿を変えるタイミングとか、お客様と何を話せばいいとか、わからないじゃないですか。でもこういう仕事ってイチから教えてもらえないというか、“見て学ぶ”みたいな風潮があるんですよね。そこで、自分の持ってる知識を文字に起こして、ちょっとずつマニュアルを作り始めたんです。ある程度わかりやすくしたほうが、成長は絶対早いと思うので」

“りん”さんが入店2カ月というスピードで店長に抜擢された理由がわかる気がした。

photo03_201812201835391d9.jpg
イベントを考えるのも店長のお仕事


『リゾート』の女の子は変わり者揃い!?新規オープンの二号店にも期待大!

ちなみに『リゾート』には「“かわいいのにちょっと変わってる女の子”が多いんですよ。あ、いい意味で(笑)」とのこと。

「外見と会話の内容がかみ合ってないというか……。たとえば副店長の“あゆみ”はイケメンなのに乙女だし、“みな”なんて黙ってれば美少女ですけど中身はおじさん(笑)。面接のときは普通だったのに、入店後に話してたら『あれ? なんかイメージと違う』みたいな。多分全員、面白いギャップがありますよ。そういうところもお客様には楽しんでもらえてるのかな」

かくいう“りん”さんも、その場にいた女の子たちから「店長も変だよね」「クセがすごい」「普段は頼れるマミーだけど、お店が終わると幼児返りする」と総ツッコミを受けて大爆笑。しかも仕事に対して真面目で一生懸命な姿勢とは裏腹に、休日は家に引きこもってゲーム三昧なのだとか。実は一番ギャップがあるのかもしれない“素顔”を暴露されて「類は友を呼ぶってことかな(笑)」と返す姿に、仲の良さを感じた筆者であった。


photo04_20181220183540734.jpg
現在は副店長の“あゆみちゃん”(写真左)

mina07.jpg
“みな”ちゃんは野球と焼酎が大好き。写真は『ふたりぶらり』登場時のみなちゃんです。

photo05_20181220183542609.jpg
キャスト同士はみんな仲良し!


さて、冒頭でも少し触れたが、『リゾート』は2018年12月にめでたく二号店がオープンした。新店は「2階建てで天井ぶち抜きの広いお店」。特筆すべきは1階と2階をつなぐ螺旋階段。「あんまり見たことないガールズバーだと思いますよ」と話してくれた。
(池袋最大級!話題の2号店はこちら→『 リゾート セカンド -RESORT SECOND- 』 初回特典情報あり!)
また「うちの店はダーツが売りの1つなんです。二号店ではダーツ台の数も増えるのでハウストーナメントを開催できたら面白いかなって」など、さまざまなイベントを企画中とのこと。これはますます目が離せない!
そして最後に“りん”さんへ店長としての今後の目標を聞いてみた。

「安心して楽しく飲めるお店にしたいです。お仕事の帰りや二次会、ちょっと暇ができたときとか、気軽にフラッと立ち寄っていただけたらなって思います。あとはちょっと気が早いんですけど、3号店を出したいですね。そのためにもまずは池袋エリアのトップを走り続けて、ゆくゆくは東京で一番の人気店を目指したいです」

今回の取材で、“りん”さんを始めとする『リゾート』の女の子たちや、居心地のよい店の雰囲気に触れて気づいたことがある。こんなに魅力的なガールズバー、そりゃあ何度も通うに決まってる!

(取材・文:三好キスケ)


【 リゾート -RESORT- 】
ジャンル / ガールズバー
お問い合わせ / 03-6912-5469
住所 / 東京都豊島区池袋2-8-5 梶ビル6階
交通手段 /
各線「池袋」駅から徒歩2~4分
「池袋駅」西口・北口より徒歩4分・副都心線「池袋駅」より徒歩2分
各線「新宿駅」「高田馬場駅」からバスで5~10分!
営業時間 / 19時~翌5時
定休日 /年中無休
公式サイト / https://resort.gdb.tokyo/
Facebook / https://www.facebook.com/resort.gdb.tokyo/
Twitter / https://twitter.com/resort_gdb
Instagram / https://www.instagram.com/resort.gdb.tokyo/
割引クーポン / PCから / スマホから


ガールズバーウォーカー
ガールズバーウォーカー
ガールズバーのお店情報とバイト情報

-
[ 2018/12/20 19:14 ] 池袋 | TB(0) | CM(0)

鶏そば みた葉|新宿・歌舞伎町★ガールズバー訪問記 

こちらの記事は下記URLに移転しました。
新サイト「ガルズバちゃん」
https://www.gb-walker.jp/column/archives/179




mitaba01.jpg

歌舞伎町の超人気アットホームガールズバー『Tonight3(トゥナイト3)』の女性オーナーである三遊亭めいさんが、歌舞伎町にラーメン店『みた葉』をオープンしたということで緊急訪問してきました!

今回は、ラーメン大好きガールズバー女子代表として、歌舞伎町のガールズバー『 what show is it? (ワッショイ)』から店長の明治さんとちなつさんが実食してくれました。

mitaba21.jpg


『みた葉』は鶏そば専門店
新鮮な国産鶏を強火で長時間丁寧に炊いたスープを使用しています。濃厚なスープにはたっぷりのコラーゲンが含まれており、生活が不規則になりがちな歌舞伎町のガールズたちの肌に潤いを与えております♪ さらに鶏むね肉には二日酔い予防になるナイアシンが豊富に含まれているので、明日の仕事を忘れて飲み明かしたいメンズにもイチオシとなっております。

mitaba26.jpg

mitaba11.jpg


イチオシは濃厚鶏そば
「濃厚鶏そば」はトロトロスープが癖になる一杯です。食べ応えもありシメの一杯としても満足度高いです。さらに人気メニューとして注目なのが「鰹つけ麺」。削り節の風味で深みが一層増したつけ汁が味わえます。健康や体調が気になる方には、こんにゃく麺がオススメです。みた葉では、麺をこんにゃく麺に変更することができます。糖質91%OFF、カロリーは92%OFF‼ という歌舞伎町で飲む人働く人の身体へ配慮された、歌舞伎町に最適なヘルシーメニューです♪

mitaba15.jpg

mitaba12.jpg

mitaba18.jpg

mitaba13.jpg

mitaba17.jpg


ちょい飲みにも最適
おつまみメニューも鶏にこだわった一品ばかりです。クリーミーな鶏レバーのパテ、にんにくと甘辛のたれが食欲をそそる鶏モモの山賊焼き、揚げたての名物とり天などは胃袋を満足させてくれること間違いなしです! みた葉は、麺類以外にも、丼物、おつまみ系のラインナップが充実しており、さらに酒類もビールからサワー系まで取り揃えてあるので、気軽なちょい飲み利用にもオススメなラーメン店なのです。

mitaba28.jpg

mitaba03.jpg

mitaba02.jpg

区役所通り沿いのラーメン店
お店の場所は、靖国通りから区役所通りを150mほど進んだ左手側の建物、東金ビル1階です。カラオケパセラの隣と覚えてください♪ 路面店ですが少し奥まっているところにあるのでお見逃しなく!


mitaba29.jpg

ガールズバーのガールズにも会える!
歌舞伎町の中でも大型の飲食店ビルが立ち並ぶ区役所通りということでガールズバーも多数出店しています。ラーメン大好きガールズ代表として登場してくれた明治さんが店長を務めるwhat show is it? (ワッショイ)もみた葉の近くということで、よくお店の女の子たちと食事に来るのだとか。朝5時まで営業しているみた葉なので、営業終わりのガールズや仕事前の腹ごしらえをしているガールズと遭遇することがあるかも⁉


【 鶏そば みた葉 】
ジャンル / ラーメン、つけ麺
お問い合わせ / 050-5595-6318
住所 / 東京都新宿区歌舞伎町1-3-16 東金ビル 1F
交通手段 /
新宿駅徒歩5分
西武新宿駅徒歩5分
※区役所通りのパセラの隣です。
新宿三丁目駅から358m
営業時間 / 月〜土
11:30〜15:00(L.O)
17:30〜翌5:00(L.O 4:45)
定休日 /日曜日
公式アカウント / https://www.instagram.com/explore/locations/240904209800889/

mitaba19.jpg

【 Tonight3(トゥナイト3) 】
ジャンル / ガールズバー
お問い合わせ / 03-6228-0059
営業時間 / 20時~翌5時
公式サイト / http://www.caba2.net/sp/kabuki/tonight3/
住所 / 東京都新宿区歌舞伎町1-2-7 星座館5階
交通手段 / 新宿駅、西武新宿駅、東新宿駅/区役所通り、パセラの斜め前のビル(星座館)の5階です。

【 what show is it? (ワッショイ)】
ジャンル / ガールズバー
お問い合わせ / 050-5595-3086
住所 / 東京都新宿区歌舞伎町1-2-7 星座館ビル 6F
-
[ 2018/10/15 19:40 ] 新宿/高田馬場 | TB(0) | CM(0)